性病が若者に多いのは何故

疑問を持つ女性近年、性病を患ってしまう方が明らかに増えています。
特に若者で発症してしまうケースが高くなっているようです。
昔は風俗を利用している一部の人に限られていましたが、今は性行為の多様化などが要因となって性病にかかってしまうリスクが上昇しています。
そこで、何故若者の間で性病のリスクが高くなっているのかについて見ていきます。
まず、性教育が不十分である点を挙げることができます。
他国と比べて日本は間違いなく性教育が遅れています。
保健の教科書に一応載っている程度なので、もっと時間をかけて教える必要があります。
数学や理科は将来知らなくても何とかなる人がいますが、性に関する知識は絶対に持っておかなくてはいけません。
デリケートな部分なので男女で分ければ深いところまで教えることができると思われます。
教科書だけで終わらせてしまうのは、教育として如何なものかと考えざるを得ません。
また、若い時期に医療機関で診てもらうことに抵抗を感じて、放置してしまっていることも要因となっています。
適切な対処をせずに様々な人と性行為をしてしまうことが若者の性病の増加に大きく影響しているので、ちょっとでも異変を感じたら男性は泌尿器科、女性は産婦人科で診てもらうことが求められます。
自分だけが困るのであればいいのですが、相手にも迷惑をかけることになることをしっかり認識しなければいけません。
恥ずかしいと感じてしまう気持ちは理解できますが、何が1番大事なのかを考えるべきです。
性器クラミジア感染症や梅毒、淋病、膣トリコモナス症、膣カンジダ症、HIV感染症といった性病がありますが、将来の妊娠や出産にも影響が出てしまうので心配な方は一度検査を受けてみてください。