クラミジア発症率で10代が多い理由

女子中学生クラミジアは性病の中でも比較的メジャーなものです。
先進国の一つである日本は、そもそも性病の感染リスクが低く、普通に暮らしている分には、そうそうクラミジアを発症する事は無いと言われています。
衛生環境が万全ではない発展途上国では、現実問題として国民の性病感染のリスクが非常に高いです。
ただ、日本国内においても10代に限っては以前としてクラミジア発症率が高いです。
同じ日本人男女の中でも世代間の格差があり、基本的に10代が高く、次に20代から30、40代となっています。
この格差の原因ですが、最も大きいのは性行為の頻度です。
性病のリスクは性行為の数に比例しており、性的な行為に大きな関心と興味を示す10代の男女の方がその感染リスクが自然と高まります。
また10代の男女はクラミジアを予防する知識や経験に浅く、性病予防の対策を取らずにセックスや性的な行為を行ってしまい、自ら無意識の間に発症率を上げてしまっています。
具体的にはコンドームを未使用のまま、頻繁にセックスを繰り返す事です。
クラミジアの発症はコンドーム着用でほぼゼロに出来ます。
また若い男女は情欲のまま、いわゆる野外などでもセックスしてしまう事が多く衛生状態が整った部屋とは違い、雑菌がウヨウヨしている川辺や森林などで性行為をすると高確率で性病の危険を呼び込みます。
高校生や大学生は夏休みといった開放的なシーズンに、セックスを経験する事が多く、性的な知識に乏しいまま、頻繁に性行為を繰り返す事で発症し、また不特定多数の男性を関係を持つ女子高生も現代では少なくなく、そういった女性がクラミジアの運び屋になってしまい、狭い交友関係の中で性病が爆発的に広がってしまうケースがあります。