クラミジアと他の性感染症の治療法は違う?

腹痛の女性クラミジアはとても怖い性感染症です。
自覚症状を感じないまま病気が進行してしまいますので、気がついたときには手遅れになってしまうこともあります。
クラミジアに感染する経路はやはり性交渉です。
感染していることに気がつかずに性交渉を行なってしまうと、相手に知らず知らずのうちにうつしてしまうのです。
男性と女性でも症状は違っています。
男性の場合は、排尿痛や尿道のかゆみ、膿が出てくることもあり、女性の場合は、下腹部痛やおりものが増えたり、不正出血などが起こることもあります。
クラミジアに感染した状態で放っておくと、将来的に不妊症に陥ることもあります。
無事に妊娠することができたとしても、子宮外妊娠や流産を起こしやすくなってしまいますので、早めに治療を受けることが非常に大切です。
男性の場合は、前立腺や睾丸、女性の場合は、子宮内膜や卵管などに進行していきますので、違和感を感じたらすぐに病院に行くようにするといいでしょう。
クラミジアに感染していることがわかったら治療を受けていきます。
クラミジアと他の性感染症の治療法は違っていて、まずは感染症治療薬を処方されます。
1週間程度服用してから様子を見て、それでも完治していない場合には注射を併用して治療していきます。
パートナーがいる場合、どちらかだけが治してもどちらかが治っていなければ再感染することがあるので、不妊症になってしまったら妊娠をするための治療を受けていかなければなりません。
時間もお金もかかりますし、精神的にも辛い思いをすることになります。
このような事態にならないためにも、違和感を少しでも感じたら早期発見、早期治療をしていくことが大切です。